よもやま話

治療の後に運動とかして良いのでしょうか?

投稿日:

治療後に運動をしても良いのか?運動することで骨が戻ってしまわないか?
このようなご質問を受けることがあります。
また来院後の自転車や歩き、お買い物なども同様の心配をなさる方もあります。

実は治療後に軽い運動をしていただくのは歓迎です。
オステオパシーの治療は骨の位置を正しくしているわけではなくて、「関節にできた引っ掛かりを解放して骨の動きを正しくしています」。
だから治療後に軽く動いていただくことは治療部位が馴染む助けになり、治療効果をむしろ高めてくれます。

ただここで注意点を。
治療後の運動やお買い物などはいつもよりも控えめにしてくださいね

治療は受け身で受けていただくのですが、普段ご自身では動かしづらいところを動かし変化させています。
そのため治療後は苦手なトレーニングを集中的に受けたような疲れが身体に残ることがあります。
治療後に動いていて疲れをお感じになったら、無視せずに休憩を取るようにしてくださいね。

また治療後はいつもよりも動けすぎていつもと勝手が違ったり元気になりすぎて、それが怪我や後日の疲れの原因になってしまうこともあります。
くれぐれもご注意を!

まとめ

治療後はいつもよりも疲れやすい、動けすぎてしまう、この点を忘れずに治療当日の運動や家事は控えめに。
それさえ気をつけていただければ、治療後の運動は治療効果を高めます。
ぜひ治療後も安心して家事をしていただいたり、軽い運動を楽しんでください。

The following two tabs change content below.

眞野 仁

アメリカの整体治療オステオパシーで身体の不調を改善します。 鍼灸大学在学時は気や経絡、五臓六腑、陰陽五行論などの伝統的東洋医学理論を研究テーマにしてきました。しかし卒業して患者さんを治療する中で、いつしかその不確かさ、曖昧さに不安を感じる自分に気づきました。それ以来西洋医学に基づいた様々な手技療法を学ぶ中でオステオパシーに出会い心酔、1998年当時日本に一校のみだったオステオパシーの専門学校に入学。卒業後しばらく同校の教師(筋肉エネルギーテクニック、内臓マニピュレーション、触診技術、他)をさせていただきながら2001年に当院を開業しました。おかげさまで開院18年目になります。

-よもやま話

Copyright© 用賀治療院 - 世田谷オステオパシーセンター , 2020 All Rights Reserved.